受付時間

あさひろ鍼灸整骨院同潤会院 03-3652-5353

アクセス

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足が痺れる。
  • 長く歩くことが出来ない。
  • 背筋を伸ばして長い時間、歩いたり立ったりしていると痛くなる。
  • 症状が出ていても前かがみで休むと楽になる。

脊柱管狭窄症|あさひろ鍼灸整骨院同潤会院

脊柱管狭窄症とは、足に痺れや痛みが出現し長く歩くことが困難になる疾患を指します。

原因

加齢や労働、背骨の病気などにより脊柱管が狭くなり神経や血管を圧迫し症状が出ます。

脊柱管とは背骨・椎間板・関節・黄色靱帯などで囲まれた脊髄神経が通るトンネルです。

加齢や重労働などにより骨や椎間板が変形したり、黄色靱帯が厚くなったりして脊柱管が狭くなり神経や血管が圧迫されて発症します。

症状

脊柱管狭窄症の一番の特徴は歩行と休息を繰り返す(間欠性跛行)です。

脊柱管狭窄症の場合腰痛の症状はほとんどありませんが、背筋を伸ばして立ったり歩いたりすると痛みや痺れが出ます。しかし前かがみで少し休むと楽になります。

これは背骨の後ろ側を神経や血管が通るため、腰を反らすと神経を圧迫し前にかがむと解放されるためです。

治療

病院では鎮痛剤の投与、湿布、血行促進剤などにより痛みの軽減をはかりますが、なかなか症状が改善しないのも事実です。

当院での治療は、骨や靱帯によって圧迫を受けている神経にアプローチをしていき神経の興奮を鎮めて痺れや痛みをとっていきます。そして狭くなった神経の通り道を広げる施術を行い根本改善を目指します。

主な施術としては、 鍼・灸治療、マッサージ、低周波治療、牽引治療etc.

お問い合わせ

あさひろ鍼灸整骨院同潤会院へのお問い合わせ

あさひろ鍼灸整骨院同潤会院 03-3652-5353

住所
〒132-0021
東京都江戸川区中央2-14-10-1F
アクセス
JR総武線新小岩駅北口より
都バス 新小29「葛西駅前行き」乗車 「同潤会」下車 徒歩1分

受付時間